カテゴリー
スズキ キザシ タイヤ

#133 コンチネンタル エクストリーム・コンタクト DWS06 プラス 感想

楽天で購入して届け先は近くのガソリンスタンドで取付も同じガソリンスタンドにお願いしました。

新品の溝の深さは7.3㎜くらいかな、

製造国はブラジルでした、
国産タイヤは日本製か中国製、
ミシュランはタイ製(スタッドレスはロシア製)、
アジアンタイヤは中国製か台湾製、ベトナム製、
と生産国はいつも気になって見ていますがブラジル製は初めて見ました。
このタイヤは北米市場がメインなので南アメリカの国が担当しているのかも。

ちなみにバイクタイヤのミシュランはチェコ製でした。

なんか見慣れないトレッドパターンでかっこいい!

これが噂のDWSのマーク

夏タイヤとも違うしオールシーズンタイヤでも違うし、スタッドレスでもないし面白いパターンです。

・すぐ乗った感想
走る前にシートに座ると何となく目線が高くなったのかと思いシートの高さ調整を低くしましたが元々シートの高さは一番低くしているのでやっぱり目線が高く感じます。

ブルーアースGTの比較としての感想なのですが、
最初に思ったことは少し硬いかなと感じました。
新品なので柔軟性があるのかと思っていましたがしっかりしたタイヤでした。
でも手で触ってみると新品タイヤのモチモチ感はあります。

ロードノイズはブルーアースGTに比べると静かになりました。
比較が4年目と新品なので何とも言えないのですが、
気になったところは低速走行でタイヤから伝わるゴロゴロ感です。
ブロックタイヤやスタッドレスタイヤによくある感覚です。
靴で例えると
ブルーアースGTは「革靴」で
エクストリーム・コンタクト DWS06 プラスは「長靴」を履いている感じです。
だからと言って不快ではなく何となく気になるところです。

・数週間、乗った感想
すぐ乗った感想でのゴロゴロ感は気にならなくなりました。

ちなみに燃費は少し悪くなり、
満タン法で約リッター0.3~0.5キロくらいと微々たるものです。
エコタイヤのブルーアースGTに比べて
エクストリーム・コンタクト DWS06 プラスはオールラウンド&スポーツタイヤとなっているので燃費は気にしない方がいいですね。

ただ走ってて気になってきたところが1つだけあり
それはハンドリングが軽くなったことです。
キザシは国産車の中でもトップクラスでハンドルが重いです。
マジで重いです。
高速ではこのハンドルの重さが安定性になり路面にタイヤがしっかり付いている感覚が伝わって安心感があったのですがエクストリーム・コンタクト DWS06 プラスはスタッドレスタイヤのように路面から浮いている感覚になってハンドルも軽いので私は次のタイヤは普通の夏タイヤにしようかなと思っております。

エクストリーム・コンタクト DWS06 プラスを購入の検討している方で
愛車の「ハンドルの重さが好き」、
「スタッドレスタイヤの感覚が嫌い」、
「高速道路を多用しつつ路面との密着感が好き」
とこだわりがある場合は合わないと思います。

悪いところばかり書いていますが、
他のタイヤメーカーだと4本で10万円はする中で8万円と安いのに高速安定性や段差の衝撃の少なさ、静粛性など基本的な所は素晴らしいです。
あとは溝の減りと劣化がどうなってくるか気になるところです。
トレッドウェアが560と結構高めになっているので期待しているところです。

カテゴリー
タイヤ

#132 インターステート 5年目

暇なので親のスペーシアのタイヤを観察してました。
装着してるタイヤはインターステートです。
ホイールを買ったときに付いてたタイヤです。

サイズは165/55R15

インターステートはオランダのタイヤメーカーで一応アジアンタイヤになるのかな、
製造国は台湾でした。

製造年は2018年なので5年使用したことになります。

銘柄は「ECO TOUR PLUS」です。
エコタイヤとツアーと書いてますのでグランドツアラーの意味もあるのかな?

使用用途は通勤と買い物のみなので溝は問題なく残っていますが凄く硬いです。
ちょっとドライブでバイパスを走行しましたが特に乗り心地が悪いこともなく、段差で腰砕けもなく個人的には良いタイヤだと思いました。
スイフトにはアジアンタイヤのMOMOタイヤを装着してロードノイズや段差の衝撃が気になるところですがスペーシアの装着しているインターステートは不満点がないですね。

5年目になると小さなヒビが気になるところですが一流ブランドのブリヂストンやミシュランも同じようになりますのでこんな物でしょう。

じっくり見ていると気になるところがありました。
少し膨らんでいるけど、
これって「ピンチカット」かな?

別のタイヤを見たら同じような小さな膨らみが4本すべてにありました。
不思議なことに4本すべてタイヤサイズ表記の横に小さなふくらみがあるのでもしかしたら元々からこんな仕様なのかな…
わからん。

だいたいタイヤの交換時期は5年目なので新品に交換します。

キザシの新品タイヤの候補であったピレリのパワジーを買いたいと思います。

【補償対象 取付対象】送料無料 POWERGY 165/55R15 75V 4本セット 新品夏タイヤ ピレリ PIRELLI パワジー

価格:23920円
(2023/11/23 16:42時点)
感想(19件)

カテゴリー
スズキ キザシ タイヤ

#130 キザシ 次のタイヤ

235/45R18がキザシのホイールサイズとなります。
購入の時に新品タイヤのヨコハマのブルーアースGTを装着していたので次は違うタイヤを考えて調べてみました。

(2023年12月の価格で書き込みします。)

ちなみに
ヨコハマ ブルーアースGTの価格は108880円
ネット検索では
「減りが早い」
「うるさい」
とか出てきますが4年間乗った感想は何も問題なかったです。
高速道路で長距離を走っても特に苦も無く素晴らしいタイヤです。
価格がもっと安ければ再購入してました。
他のも履いてみたい好奇心もあったので…

【取付対象】 サマータイヤ4本 235/45R18 94W 18インチ ヨコハマ ブルーアースGT AE51 YOKOHAMA BluEarth GT AE51 新品

価格:108880円
(2023/11/11 17:50時点)
感想(0件)

いろいろと調べて安かったのは、

・ブリヂストン ES300
価格は61402円です。
候補の中では一番安くて良いと思って調べてみました。
販売は東南アジアのようです。
YouTubeで「BRIDGESTONE EP300」と検索すると出てきてコメント欄を見ると東南アジアとロシア語が多かったです。
コメントでの情報ですが、
トレッドウェアは200~220となりブルーアースGTは300となっております。
「近場の移動ならブリヂストン、長距離ならミシュラン」と書き込みがあったので減りが速いのかなと思い候補から外れました。

【タイヤ交換可能】 BRIDGESTONE 235/45R18 98W XL ブリヂストン ECOPIA EP300 サマータイヤ 4本セット

価格:61402円
(2023/11/11 17:44時点)
感想(1件)

・ピレリ パワジー
価格は66800円です。
パワジーはアジア市場をメインに販売しているイタリアのタイヤですが製造国は中国となってます。
ちなみにピレリはバイク用タイヤ「エンジェルGT」を使用したことがあるのでよく言われる「ピレリノイズ」は経験済みです。バイクの下に戦闘機でも走っているのか?と思ってしまうほどのロードノイズでした。そして減りが速くてウェット路面が苦手なイメージですのでちょっと敬遠していますがこれはバイクの話なのでパワジーはどうなのでしょうか?
ネットでは
「可もなく不可もなく」
「ただのエコタイヤ」
パワジーの過去作であるドラゴンスポーツやNERO GTの情報を見ると
「劣化で硬くなった」
「ひび割れが目立つ」
「ロードノイズが少し気になる」
と何となくアジアンタイヤのような感想です。
ちなみにトレッドウェアはブルーアースGTと同じく300です。
ちょっと他のを見てパワジーは保留します。

【11/10(金)ポイント最大36倍以上!】【在庫あり】【タイヤ交換対象】正規品 4本セット価格 235/45R18 98Y XL PIRELLI ピレリ サマータイヤ POWERGY パワジー

価格:66800円
(2023/11/11 17:47時点)
感想(0件)

・コンチネンタル エクストリーム・コンタクト DWS06 プラス
価格は78000円です。
北米市場で売られており、
一応海外ではオールシーズンタイヤとなっておりますが
国内では夏タイヤになっております。
北米市場では長距離移動で耐摩耗性が重視されており、
トレッドウェアは560です、
ブルーアースGTが300なのでかなりの耐摩耗性があるのでしょうね。
このDWS06プラスはエコタイヤではないので
転がり抵抗の等級ではたぶんBかCでしょう。
燃費にどんな影響がでるのか気になる所です。
ネットで情報を見るとスバリストが「これは良いタイヤ」と言っていたのでさすがコンチネンタルと思うところです。
あとはタイヤのブロック飛びが発生する情報もあり、これはサーキットでの起きたのか普段使いで起きたのか定かではないので気になっております。

【 取付対象 】 【 2022年製 】 コンチネンタル 235/45R18 98Y XL ExtremeContact DWS06 PLUS ( エクストリーム・コンタクト DWS06 プラス ) サマータイヤ 4本セット 国内正規品

価格:78000円
(2023/11/11 17:45時点)
感想(0件)

本当はミシュランが良かったけど、

・ミシュラン イープライマシー
価格は106680円です。
ブルーアースGTよりちょっと安いですが10万は予算外ですね。
もしブルーアースGTと同じ乗り心地で耐摩耗が勝っていればミシュランは候補に入りますがやっぱり価格がね~
ミシュランはスイフトにエナジーセイバーを履いていたのでその良さは体感してます。

【MaxP31倍超!マラソン】【補償対象 取付対象】送料無料 e・PRIMACY 235/45R18 98Y XL 4本セット 新品夏タイヤ ミシュラン MICHELIN イープライマシー e-PRIMACY

価格:106680円
(2023/11/11 19:57時点)
感想(0件)

他の有名なメーカーは,

・ダンロップ ルマンV+
価格は104060円です。
ダンロップはあまり詳しくないので…

235/45R18 94W DUNLOP ダンロップ LE MANS V LM5Plus ルマンV (ファイブプラス) ルマン5プラス 夏 サマータイヤ 単品4本セット 単品4本価格 《送料無料》【取付対象】

価格:104060円
(2023/11/11 20:02時点)
感想(0件)

・トーヨー プロクセス スポーツ2
価格は93280円です。
やっぱりトーヨータイヤは国内タイヤメーカーのなかでは安めですね。

【タイヤ交換対象】4本セット TOYO TIRES PROXES Sport 2 235/45R18 98Y XL 【235/45-18】 【新品Tire】 サマータイヤ トーヨー タイヤ プロクセス スポーツ ツー 【個人宅配送OK】

価格:93280円
(2023/11/11 20:04時点)
感想(0件)

・ブリヂストン ポテンザ
価格は133720円です。
さっきのEP300の2倍の価格ですよ。
いつかは乗って高性能タイヤを味わいたいです。

【MaxP31倍超!マラソン】【取付対象】送料無料 POTENZA S007A 235/45R18 98Y XL 4本セット 新品夏タイヤ ブリヂストン BRIDGESTONE ポテンザ

価格:133720円
(2023/11/11 21:13時点)
感想(0件)

・グットイヤー エフィシエントグリップコンフォート
価格は123960円です。
グットイヤーは検索してもこれしか出てこないので
もしかしたら235/45R18に対応したサイズが少ないのかもしれないですね。

【タイヤ交換対象】4本 サマータイヤ 235/45R18 94W グッドイヤー エフィシエントグリップコンフォート GOODYEAR EfficientGrip Comfort

価格:123960円
(2023/11/11 21:20時点)
感想(0件)

アジアンタイヤはどうなのでしょう?

・ナンカン NS-25
価格は1本12480円×4本=49920円です。
アジアンタイヤと言えばナンカンのイメージです。
やっぱり安い!!

【取付対象】NANKANG (ナンカン) NS-25 235/45R18 (235/45/18 235-45-18 235/45-18) サマータイヤ 夏タイヤ 単品 4本 18インチ

価格:12480円~
(2023/11/11 21:28時点)
感想(9件)

・ハンコック ベンタス S1 evo3 K127
価格は58080円です。
ハンコックはもうアジアンタイヤではないですね。
もう立派な一流ブランドになっており世界のタイヤメーカーの売上高ランキングで7位となっております。

送料無料 235/45R18 ハンコック ベンタス S1 evo3 K127 Hankook VENTUS S1 evo3 K127 新品 サマータイヤ 夏タイヤ 輸入 4本セット

価格:58080円
(2023/11/11 21:31時点)
感想(0件)

この価格を見比べてみると
235/45R18は
有名なメーカーが販売しているタイヤは10万円くらい、
発展途上国や海外市場を視野にいれた安いタイヤは6~8万くらい、
アジアンタイヤは5万円くらいって感じです。

いろいろと見ていて
候補として残ったのが
ピレリのパワジー
コンチネンタルのDWS06プラス
となり
結果購入したのは
コンチネンタルです。
耐摩耗と運動性能の高いのが決め手でした。

あとで走行の感想も書きます。

カテゴリー
スズキ キザシ タイヤ

#129 ヨコハマ ブルーアースGTの最後

キザシを中古で購入したときに新品で装着していたのが
ヨコハマのブルーアースGTです。

最初は21000キロだったので53500キロ走ってますが、
11月下旬から3月下旬までは冬タイヤを装着していたので夏タイヤでは4万キロくらいの走行かな。
タイヤは2019年の製造で4年の経過したことになります。

ひび割れもなく、
高速走行も快適でとても良いタイヤでした。

↓運転席前の溝は2.5㎜

↓助手席前の溝は3㎜

↓運転席後の溝は3.1㎜かな、

↓助手席後の溝は3.5㎜くらいです。

キザシは何となく運転席前側のタイヤの減りが早いですね。

平均してタイヤ溝は3㎜くらいなのでもう1年はいけそうですが、
高速道路の水たまりで危ない時があったのと年々タイヤの値上がりがあるので交換をしたところです。

次のタイヤはコンチネンタルの「エクストリームコンタクト DWS06PLUS」です。

カテゴリー
タイヤ 日産 ノート e-POWER

#128 日産ノート スタッドレスタイヤに交換

毎年、勤労感謝の日くらいにミシュランのスタッドレスタイヤX-ICE3を交換しているので晴れ間を見て交換しました。

夏タイヤの溝は
運転席前が4.8㎜くらい

運転席後が4.3㎜くらい

助手席前が4.3㎜くらい

助手席後は4.1㎜くらいかな、

1年前の投稿を見ると夏タイヤの溝は5㎜くらいだったのでおおよそ0.5~1㎜くらい減ったことになりますね。
4WDなので均等に減っている感じです。

年数は2015と2016年とさすがにヤバいですね、
タイヤの硬度なんで調べていませんが夏タイヤ並みに硬いです。

製造年数は2015と2016年ですが、
使用し始めたのは2021年からなので今回で4年目(4シーズン)になります。

1年前の投稿でスタッドレスタイヤとしての機能が分かるプラットフォームはもうすぐなので今シーズンでタイヤ溝50%を下回りますので様子を見て危ないと思ったら新品に交換しようと思います。

カテゴリー
スズキ チョイノリ タイヤ バイク整備

#124 スズキ チョイノリ スノータイヤ ティムソン TS825 3.00-10

チョイノリで雪道を走ってみたいのでスノータイヤを購入しました。

購入したのはティムソンのTS825です。
本当はIRCのSN12を考えていましたがみんなと同じのを選んでも面白くないのでティムソンを選びました。
トレッドパターンがIRCのSN12にそっくりなのよね。

チョイノリの良いところは中古パーツが安いところで前後ホイールで2000円で購入しました。

エアバルブも新品にしました。

装着して最後にビードをあげるのですが、
なかなか上がらない(笑)
家庭用の空気入れでは厳しいので近くのガソリンスタンドで入れてもらいました。

あとは雪が降ったら夏タイヤと交換したいと思います。

カテゴリー
スズキ スイフト タイヤ

#122 MOMOタイヤ TOPRUN M300 1年後の感想

2022年の5月に購入して1年以上が経ったので感想を書きたいと思います。
県外にいる家族が使っていたのでやっとタイヤの状況が確認できます。

久しぶりに乗った感想は一般道での段差やコーナリングでタイヤが柔らかいなと思っていたところが良くなった気がします。
それでもバイパスや高速での継ぎ目の段差は剛性が足りないとは感じてます。

前回の「136367キロ」で
現在が「154054キロ」なので
「17687キロ」を走ったことになります。

↓は新品のタイヤの溝

↓が17687キロを走った溝です。

何となく「1」の部分が見えるようになったかな。
カメラアングルの問題もあるかも…

カテゴリー
セロー225 タイヤ バイク整備

#113 ヤマハ セロー225 フロントタイヤ交換

フロントタイヤが減ってきたので交換したいと思います。

走行距離は「18964.6キロ」

セローは中古で購入して前後タイヤを新品で使っていました。
タイヤはどちらもケンダのK270です。

新品から溝がなくなるまで走った距離はおおよそ5000キロですね。

リアタイヤはまだまだ大丈夫

購入して6年ですが劣化や硬化もなく問題ナシ

最初にジャッキアップのためにアンダーカバーを外します。
レンチのサイズは10です。

カバーを外した時に注意点は写真の左側にあるゴムを忘れないことです。

たまに車体にくっついたまま走ってしまって紛失してしまいます。

ジャッキアップ前にボルトを緩めます。
キャリパーは12mmのレンチ

ブレーキディスクのカバーはプラスドライバーでもいいのですが

なめてしまうのでマイナスドライバーの方がオススメです。

アクスルシャフトのピンを取ります

このサイズはなんだ?と測ったら22mm!

反対側も22mmか…
19と23は持っていましたが、

ホームセンターで買ってきます。

ホームセンターによっては19mmまでしか売っていないのでちょっと焦りました。

反対側はモンキーレンチでもよかったのですがなめるのが怖かったのでソケットレンチを使用しました。

ブレーキディスクカバー、キャリパーを外して、
アクスルシャフトを抜いてタイヤを外しました。

前に倒れてくるのでウマで固定です。

オフロードバイク用スタンドで持ち上げてサイドスタンドで横倒れしないようにしています。
でも1人は怖いな、2人の方が安全

同じケンダを使おうと持ったのですが、
他のメーカーも気になったので
IRC、シンコーと候補があり、

一番安かったデューロのHF333を購入しました。

タイヤ交換はクッション代わりにさっきの新品タイヤを下に置きます。

あっという間に装着できました。
カブで交換していたので特に苦労することなくできました。
でもリアタイヤは自力は無理かな。

本締めを忘れないようにして交換完了です。

カテゴリー
スズキ キザシ タイヤ

#111 スズキ キザシ 夏タイヤに交換

4月になったのでやっと夏タイヤに交換です。
溝は前後左右6mmくらいでした。

カテゴリー
タイヤ 日産 ノート e-POWER

#110 日産 E13ノート 夏タイヤに交換

スタッドレスはミシュランのX-ICE3です。
溝の深さはみんな4~4.5mmくらいでした。

運転席前

助手席前

運転席後

助手席後

劣化具合は結構目立ちますね、

2021年から装着しているので2023年3月までの時点で3年目です。

残留50%を示すプラットフォームがギリギリ

なんと!「0315」ってことは2015年のタイヤだったか!
2023年-2015年=8年前

もう片方はさっきのと比べると劣化は少ないな、

プラットフォームはまだ大丈夫、

こちらの製造年は「3316」、2016年か、

左が2016年 右は2015年

右の2015年の方が割れが目立ちます。

前回、仕様していたミシュランのスタッドレスが5年目まで使えたのでこのタイヤも大丈夫だと思いますが年数が気になりますね。

でも実際今年の冬シーズンをなんも不便なく運転できました、
しかも雪道やドライ路面でも乗り心地が良いんです!
さすがミシュラン!